2012年01月28日

ホゼの移動カフェ相談室

年末から年始にかけて、移動カフェをやりたいという人や、今やってるけど悩んでるという人から相談を受けることが多くて、僕も無いなりに知恵を絞って相談に乗って差し上げたわけですよ。

このブログで公開すると多少世の中の役に立つかなー? というわけで、ちょっと書いてみることにします。


Q儲かりますか?

もちろんです。刺身についてるタンポポを作る内職より断然儲かります。しかし残念ながらザッカーバーグには及ばないようです。

・・・いや、マジメにやりましょうw

Q一人でやれる自信が無い

女性からの質問でした。おっかない人が来たら困る、とか、マシントラブルや車のトラブルが起きたら対処出来なさそう、ということみたいです。
しかしそれは杞憂です。おっかない人が来たら僕も困るし、マシントラブルや車のトラブルで着いたけど営業できないとか、そもそもたどり着かなかった、ということはたまにあります。移動カフェはその性格上、マイナートラブルに見舞われやすいですから、そんなもんだと思ってやってください。

Q固定費がかかりすぎる

移動カフェは固定費がかからないのが良いところです。固定費がかかりすぎるって何の冗談? って思ったら、フランチャイジーで尚且つ出店料のかかるところばかり出店してました。何のための身軽な移動カフェなんだか。
まずはフランチャイジーとなるならランニングコストがゼロに近いか、あるいはゼロであること、そして出店料がかかるところは、どうしても出店するところが無いというときの最後の手段にしてください。毎月ロイヤルティがかかるフランチャイズに加盟するなら、少なくとも利益ベースでそのロイヤルティがペイバックされるほど好立地の出店場所を紹介してくれるようでないと、割に合いません。

Q意外とお金がかかる

開業志望の方のお話です。バリスタの資格を取る、どこかで勉強させてもらう(おそらくは開業セミナーのようなところ)、車(新車?)、改造費(委託?)、マシンなど設備関係で、総予算300万円以上を見込んでいました。
バリスタの資格は、まあこの際無しで行きましょう。勉強はしたほうがいいですが、開業セミナーよりはコーヒーそのものの勉強をすべきです。それであれば、どこかの自家焙煎店やカフェで働けば、お金は入ってきます。車は中古車、それもボロでいいです。改造は自分でやりましょう、高校の学園祭レベルの作業です。マシンやグラインダーはこだわってください。でも、それらも100万円もするわけではありません。
移動カフェ開業は、総予算100万円で考えてください。もし数百万もかける気があるなら、固定店舗にするか、あるいはそのお金で1年くらい遊んで暮らしたほうがいいです。

Q売れる時間帯が偏る

ウチも一緒です。

Qエスプレッソもドリップもプレスもやりたい、フードも充実させたい
気持ちは買いますが、移動カフェの車の中ではそんなにいろいろ道具を広げられないし、水を潤沢に使うことができません。なんでもある、というお客様の選択の広さも大事でしょうが、これしかない、というような割り切りも移動カフェならアリだと思いますよ。
固定店舗ですら、狭小店舗だったりスタッフの問題だったりでいろいろはできなくて、専門性を高くして間口を狭くしているお店が多いです。移動カフェでデパートのような品揃えは難しいでしょう。というかお客さんもまさか車の中に「何でもそろってる」などとは思ってないですからご安心を。

Qどのくらい勉強したら始めていいですか?

お金が貯まったらどうぞ。勉強は営業しながらでも大丈夫ですよ。ただし、お客様もそうそうマズーなお店には繰り返し来てくれはしませんから、自分で抽出したコーヒーをプロの人に事前に飲んでもらって、まあまあ出来てるって評価してもらえれば大丈夫でしょう。
ちなみに、開業してからもずーっと勉強ですよ。

Q寒くないですか?

車内にはミニファンヒーターを入れてますが寒いです。でも多分ですがお客様のほうがもっと寒いです。正直、このクッソ寒いのに移動カフェでコーヒーってお客様は神様なんじゃねーの?

Q一箇所にいたほうがいいですか?あちこち行ったほうがいいですか?

好きにしてください。どっちがたくさん売れるというものでもないし、個人の好き好きでいいのではないでしょうか。一箇所または数箇所の定期巡回というスタイルだと、固定店舗っぽい雰囲気になります。イベントが多いと、テキ屋さんっぽいスタイルになります。どっちのやり方が好きか、で決めていいと思います。

Qどうやって集客してるんですか?

ウチの場合は、メディアでの宣伝(新聞雑誌テレビ、情報誌フリーペーパー折込チラシなどなど)にお金を一円もかけてないので、簡単に言うと「通りすがりに見た、誰かから聞いた、ネットで見た」お客さんしか来ないです。
しかし、折込チラシや地域情報誌などにお金を使うのもいいでしょう。かけた費用の三倍の売上になると、宣伝は成功なんだそうです。フリーペーパーの枠ひとつ5万円くらいでしょうか、そのフリーペーパーを見てお客さんが増えて、15万円分の売上が上がればいいわけですね。300円のコーヒーなら50杯ですか。 ・・・500杯!?そんなに無理じゃね?

Qやめたいです

儲かってないという移動カフェの人でした。やめればいいと思います。無理して続けてもしょうがないよ。
ここで重要なのは、サンクコストという考え方。
>>埋没費用 wikipedia

Qいずれフランチャイザーになりたい

どうぞどうぞ。それは僕に相談してもらっても困るけど。

Qたくさん移動販売の人を集めてイベントをやりたい


どうぞどうぞ。これも僕に相談してもらっても困るなあ。


以上、最近相談いただいたアレコレでした。参考になる人は、参考にしてください。


posted by ホゼ at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移動カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。