2009年05月17日

laranzato green club 〜 エスプレッソマシン選びI

laranzato green club
green.jpg


メーカー
laranzato
serious machine, silly priceというキャッチフレーズで主に北米マーケット向けのマシン作りをしているイタリアのメーカー。
セミオートマチックのコマーシャルモデルのほか、フルオートマチックのモデルも多数ラインナップ。

モデル
green club
セミオートマチックとオートマチックの2機種展開のセミコマーシャルマシン。
4Lボイラー(!!)を備える。デザインはモダンでプラスチックを多用したモノトーンの配色。

特徴
4Lボイラーはクラス最強。
乾燥重量で34キロということは、5Lのリザーバを満タンにすると約40キロになるという重量級。
上位機種に採用されるvolumetric pumpを採用。

ポジティブポイント
コマーシャルマシンの機能を装備して価格はセミコマーシャルクラス。
デザインもすっきりしていていい。

ネガティブポイント
ウェブ上でレビューの類が出てこない。マイナーメーカーなのかも知れない。

価格
$1899

参考リンク
1st line
http://www.1st-line.com/machines/comm_mod/esprmach/laranzato/laranzato_pu-s1.htm


posted by ホゼ at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック