2009年05月15日

expobar office control 〜 エスプレッソマシン選びA

expobar office control
officecontrol.jpg



メーカー
expobar
1988年にexpobarの最初のモデルをRafael Olaso Peiròがスペインにて発売開始、1993年にcrem社を設立、expobarはそのブランド名となる。
セミコマーシャル〜コマーシャルマシンを製造販売。
crem社のもうひとつのブランドcoffee queenではドリップ式のコーヒーマシンをラインナップしている。

モデル
office control
セミコマーシャルのシリーズofficeのセミオートモデル。

特徴
office pulserのセミオート版である。
抽出ボタンがプログラムドになっている。
あとはoffice pulserと同じ。
(whole latte loveを見ると、ボイラサイズがpulserは1.8Lでcontrolは1.7Lになっているのだが、本家cremのサイトを見ると、どちらも1.5Lとなっている)
pulserとの価格差はたったの50ドル。

ポジティブポイント
E61グループ搭載マシン中、最廉価。ボリュームゾーンが1500~1800ドルであることを考えると、割安感が強い。
ワッテージが低く、ホームユースでは電源の心配がいらない。
セミオートは抽出が安定する。

ネガティブポイント
デザインが無骨。プラスチックパーツ多用。
ゲージ無し。
スチームワンドがストレートなのはフロスしにくいか?

価格
$1199

参考リンク
whole latte love
http://www.wholelattelove.com/Expobar/officecontrol.cfm


posted by ホゼ at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック